新着情報

あわびまつり開催!― 注目記事 ―

千葉ブランド水産物(黒あわび)にも認定され、築地の市場では高値で取引される「房州産あわび」。南房総市千倉町では、現在でも、海士さん・海女さんの素潜りによる漁が行われています。

潮風王国では、房州のブランド海産物であるアワビを多くの方に味わってもらおうと、漁期にあわせ、2018年5月12日(土)〜8月12日(日)の期間に「あわびまつり」を開催いたします。

あわびまつり2018チラシPDF

開催内容

炭火焼き大会

期間中 毎週土日11時〜14時、雨天中止

潮風王国内でお買い求めいただいたアワビ、サザエ、鮮魚、干物等の商品を中庭広場に設置された炭火焼きコーナーで調理してお召し上がりいただきます。

旬膳はな房 「あわび料理まつり」

営業時間 11時〜19時

潮風王国内の海鮮レストラン「旬膳 はな房」で、お造り、踊り焼き、にぎり寿司などのあわび料理をお手頃価格でご提供。 旬膳 はな房

トビウオ

今日のおすすめは、今朝水揚げされたばかりのトビウオです。

トビウオはこの地域の夏を代表する魚のひとつで、「たたき」や「なめろう」などにすると最高ですよ。

今日のトビウオはは、小ぶりなのが1かご6~7匹で300円、大きなものは、1匹200円です。

キメジマグロ

今日のおすすめは、千倉で水揚げされたばかりのキメジマグロです。

メジとはマグロの幼魚を指しますので、キメジマグロとは、キハダマグロの幼魚のことをいいます。

幼魚だけに成魚に比べ脂の乗りは少ないですが、あっさりした旨味が感じられ、夏によく合いますよ。

7月22日(日) 潮風マルシェ開催!

今週の日曜日、潮風マルシェを開催します。

地元の新鮮野菜や和洋風総菜の店、和菓子店や海をモチーフにした雑貨など、様々な特色のあるお店がテントで出店の予定です。

時間は9:00~15:00、ただし、雨天の場合は中止させていただきますので、ご了承下さい。

じゃぶじゃぶ池で水遊び!

夏休みを前に、じゃぶじゃぶ池の清掃が終わり、今年も水(海水)を張りました。

小さなお子様が水遊びを楽しむことができます。

ただし、プール施設ではございませんので、更衣室やシャワー等の施設はございませんので、ご了承下さい。

カマス 詰め放題

今日は、小ぶりのカマスの水揚げが多くありましたので、館内「海市場ちくら」の店頭にて、カマスの袋詰め放題を行っています。

おひとり様500円で100匹以上詰めた方もいらっしゃいます。

なくなり次第終了となりますので、ご了承下さい。

ソウダカツオ

今日のおすすめは、今朝水揚げされたばかりのソウダカツオです。

ソウダカツオは鮮度が落ちるのが早いため、一般の市場には広く出回らないですが、味は本当のカツオより美味しいという方もいるほどです。

今朝とれたてのソウダカツオが1本250円はお買い得ですよ。

7月14日、15日は千倉の祭礼!

7月14日、15日の2日間、千倉では祭礼が行われます。

各地区ごとに山車や神輿が出て町内を練り歩きますが、時間によっては各地区の神輿や山車が1ヶ所に集結し勇壮な雰囲気で、祭りの醍醐味を体感できますよ。

時間帯によっては、一部交通規制が行われますので、ご注意ください。

詳しくは、南房総市観光協会までお問い合わせ、またはHPをご参照ください。(0470-28-5307)

 

イナダ→ワラサ

今日は、イナダとワラサが入荷しました。

両方ともブリの幼魚ですが、今日のイナダは60cmくらい、ワラサは80cmくらいでしょうか。

出世魚で何㎝以上で呼び名が変わるという明確な決まりのようなものはありませんが、並んでいるとわかりやすいかもしれませんね。

 

キンメ

今日のおすすめは、地元で水揚げされたキンメです。

今日のキンメは、底引きや定置で獲れたものではなく、釣りあげられたものです。

キンメは、身に脂があり、熱を通しても固くならず脂が適度に回るため、煮付けの定番の魚ですが、お刺身や湯引きにしても程よい脂の乗りと甘み、旨味があって美味しいです。

地元産の釣キンメがこのお値段は、お買い得ですよ。